忍者ブログ
競馬予想 無料 2月 東京競馬場開催 根岸Sについての情報掲載☆レースデータ分析も公開中!
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/22 競馬予想会社]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ねぎし
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

競馬予想 無料 根岸ステークス 歴史


  • 1986年以前 東京競馬場の4歳(現3歳)以上の混合の別定のダート1400mのオープン特別競走「根岸ステークス」として施行。
  • 1987年 東京競馬場の4歳(現3歳)以上の別定のダート1400mの重賞(GIII)競走「根岸ステークス」として創設。
  • 1990年
    • 混合競走に指定。
    • 施行距離をダート1200mに変更。
  • 1994年 岡部幸雄が騎手として史上初の連覇。
  • 1996年 指定交流競走に指定され、地方馬は5頭まで出走可能となる。
  • 1998年
    • ダートグレード格付け委員会にGIII(統一GIII)に格付け。
    • 負担重量をグレード別定に変更。
    • ワシントンカラーが史上初の連覇。
    • 柴田善臣が騎手として史上2人目の連覇。
    • 松山康久が調教師として史上初の連覇。
  • 2001年
    • 施行時期を1月末~2月始めに変更。
    • 施行距離をダート1400mに戻す。
    • 地方馬の出走枠が5頭から4頭に削減。
  • 2003年
    • 東京競馬場の改修工事により中山競馬場のダート1200mで施行。
    • サウスヴィグラスが史上2頭目の連覇。
    • 柴田善臣が騎手として史上初の2度目の連覇。
    • 高橋祥泰が調教師として史上2人目の連覇。
  • 2005年 混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は4頭まで出走可能となる。
  • 2007年 日本のパートI国昇格に伴い、外国調教馬の出走枠が8頭に拡大。
  • 2008年 2月3日の開催予定が降雪による当日の第1回東京競馬2日目の全競走が中止のため、翌4日に順延して代替開催される(発走時刻変更)。
  • 2009年 岩田康誠が騎手として史上3人目の連覇。

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

Photo by 水珠  Designed by A.com